GLM G4を日本で初披露 想定価格・販売台数などを発表

GLM G4を日本で初披露 想定価格・販売台数などを発表

電気自動車(EV)メーカーのGLM㈱は、日本初のEVスーパーカーとして2019年の量産を目指す「GLM G4」(以下、G4)のジャパンプレミアを行いました。

4000万円(想定価格)で販売、販売台数は1000台を目指し、同車だけで400億円程度の売り上げを目標に事業を展開します。
2019年の量産化に向けて開発ピッチも上げます。京都の自社研究開発拠点で重要部品の搭載検討を始め、年内には試作車での走行テストを行う予定です。

現在、G4専用のパワートレインや最先端の電子制御装置等の開発を協力会社と共同で進めており、それらも実用化に向けて開発を加速させます。
当社は「GLM G4」で世界展開を視野に入れており、国内はもとより、欧州や香港、中東、中国での販売を計画しています。